リサイクル機能で免疫力を再生

***

旧ブログ

2020/03/23 リサイクル機能で免疫力を再生

ゆで卵、たったの1㎝の水で作れることを

最近まで知りませんでした。

おはようございます。ナチュラルOmです。

 

ゆで卵を作るとき、卵全体が水に漬かっていないと

いけないと思い込んでいました。40年以上でいくつの卵を

茹でたでしょうか。水道代とガス代に違いが出ますね。

思い込み次第で色々と変わります。

 

さて、ナチュラルOmの前身である「おむすびきっちんOm」

食の大切さを伝える事を指針に開業いたしました。

(おしまれつつ、現在は卒業しております)

 

食という字は、人に良いと書きます。

食で良くも悪くも人の体も心も変わります。

 

食にまつわることを記事にしようと思うと、膨大な内容に

なってしまうほどです。

ですので、今回はおさらいの意味も含め「食は人に良い」

ことを意識して下さい。

(ここでは食べる内容ではなく、食べ方が重要)

 

 

「オートファジー」を知っていますか?

 

オートファジーは細胞が持ているタンパク質を分解するための

仕組みの一つ。自食(じしょく)とも呼ばれる。

細胞の中の余計なものを細胞自体が取り除くシステムです。

オートファジーの作用では不要になったタンパク質などを細胞

自身がリサイクルをする。

新しいタンパク質を作る材料にしたり、細胞内をきれいに保つ

役割などをしている。

 

大隅良典さん・2016年にノーベル医学・生理学賞を受賞した

生命を維持する重要な働き。それはオートファジー(自食作用)

命をつなぐ細胞内のリサイクル機能

 

簡単に分かりやすくお伝えすると、私達の人間の体の細胞には

リサイクル機能が存在するということです。

このリサイクル機能を動かすためには・・・

 

食べる時間を一日8時間と設定する

(女性の場合は一日10時間でもよいという説も)

 

一日24時間のうち、何も食べない(固形物)時間を16時間

つくる。16時間のうち、水分等はもちろん飲んでOK。

胃腸に何もいれない時間を16時間とるということ。

 

お腹がグゥ~となって、空腹を感じても状況的に食べられず、

時間が経過。しかし、その空腹感を通り過ぎると、お腹が

へってなかったりした経験は誰しもあると思います。

それは、お腹のグゥ~のサインは「細胞のリサイクル中」の

サインだからです。

 

3日食べなきゃ7割治るとも言われている病ですが、

ファスティング(断食)を実践するにはハードルが高い。

まして、ファスティング(断食)は断食前と断食後の食事が

重要と言われ、専門家に頼った方が良いと私は考えます。

 

けれど、オートファジーならば誰でも簡単に自分だけで取り組

めます。

例えば食べる時間は午前10時~午後6時の間と決める。

(女性の場合は午前10時~午後8時の設定でも良いと思います)

この間は食べたいものを食べたい時に食べます。量も特に

意識せず、何かの食品を特に避ける必要もありません。

(但し、アルコール類だけはNG)

 

なんとなく、できそうな気がしますよね。

まずは1週間を目標にして、実践することをおススメします。

(好転反応等の症状も出てくる可能性もありますので、

3週間は実行するとなんらかの効果の体感はできると思います)

 

このオートファジーでは、なかなか痩せなかった人も簡単に

体重が減ったという事例も多々あり、体の反応は人それぞれ

ですが、寝つきが良くなり、睡眠の質が向上することで、

肌荒れ等の悩みも改善していくと思います。

 

私個人的には食べていい時間も8時間はおおよその目安でしか

ないように思っています。自分で実践してみて、あなたの体が

ベストな状態になる時間を作り上げる事。

「こうしなければ、効果がない」という思い込みに雁字搦めに

なってしまうと効果が出にくくなり、効果が分りずらいと

結果、続ける事も難しくなりますので意識して下さい。

 

 

オートファジーで免疫力を再生♪

 

オートファジーは一日1食とは違い、食べる時間帯を8時間

と設定するので、食べる事が楽しみである方にもストレスを

感じず、無理なく続けられるのが一番のオススメの理由です。

自然と食べる量も減ると、食事の回数も減って、食事の支度も

減ると、あなたの自由な時間が増えます♪

 

IMG_8982

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP