ほうれい線と免疫力アップの関係

***

旧ブログ

2020/03/20 ほうれい線と免疫力アップの関係

こんにちは。快晴で風が強い宇宙元旦・春分の日の午後

ですが、みなさん、如何お過ごしですか?

ナチュラルOmです。

 

突然ですが・・・ほうれい線、気になりませんか?

 

そ、今日のように風の強い日は肌の水分が飛ばされ乾燥しま

す。肌の乾燥はシワなどの原因になり、ほうれい線は側頭筋

など筋肉の衰えだけが原因ではなく、肌の乾燥も要因だった

りしますので、肌の保湿には油分を補うと小じわを改善でき

ますよ。

(保湿効果がダントツに良いのがバセリン/ヴァセリン)

 

ほうれい線は側頭筋と顔にあるいくつかの筋肉の衰えが原因

ですが、その筋肉を鍛えるのに「ベロまわし」。

口を閉じたまま、ベロを右回し30回・左回し30回。

なるべく大きくベロを回す事。

YouTubeなどで検索すると動画もありますので、やり方は

確認して下さいね。

一日に何度かやり続ける事でほうれい線が改善していきます。

今は何処へ行くのもマスク姿。マスクをつけているので、

いつでもどこでも手軽に思いついた時にこの

「ベロまわし」ができるので、今は最善のタイミングですね。

 

 

◎ベロまわしと免疫力の関係は?

 

このベロを動かすことで、口の中にある複数の唾液線

が刺激され、たくさんの唾液を出す事ができます。

 

唾液がふえることのメリット

消化を助ける・口の中を清潔に保つ・味を感じやすくする
食べ物を飲み込みやすくする・口の中の健康を保つ
そして、全身の健康を保つ。
口から入ってくる細菌の増殖を防ぐ「抗菌作用」を持ち、
病気や老化の原因にもなる【活性酸素】を減少させると
いわれています。
(活性酸素についてはい過去のブログでも多数の記事を
アップしています。活性酸素と水素について等々)

 

柔らかいものを食すことが多く、固い物を食べなくなり、
噛む回数も少なくてすむ食生活。
ラーメン・パン・パスタ・白米・ハンバーグ・カレー等
噛まずに食べれる食生活では唾液の量も減る一方です。

 

意識して、唾液量をふやしましょう。
それが、免疫アップにもつながり、なんといっても
ほうれい線対策になるのですから嬉しい事づくめ
ですね。

 

あなたは家事や仕事におわれ、ご主人は仕事で遅い。
子どもは子どもで塾や習い事におわれていた日々。
家で一緒に食事をする時間もままならなかったと思い
ます。

 

この機会を最大限に生かし、家族みんなで食事を楽しむ。
良く咀嚼して、ゆっくり話をする。
1人で黙々と黙って食事をするよりも、誰かと一緒に
話しながら食事をすることで、唾液量もふえるのです。

 

食事が終わった後に家族みんなでベロまわし大会♥
楽しそうですね。

 

夕飯の時間だよ~ 早く帰ってきなさーい
NUS42wiKsDiooZZ1584680900_1584680915
夕暮れ時はこんな声があちらこちらで
こだましていた昭和の古き良き時代。

TOP